保険見直しのきっかけ

日本は保険大国です。
その理由として日本人の約8割は何かしらの生命保険に加入しています。
日本人は、万が一の備えに対しての意識が高いという特徴があります。
そこで保険の加入や見直しをするきっかけはどのような時があるのでしょうか。
加入する一番のきっかけは親からの独立です。
社会人になって親の扶養から外れて、自分の収入で生活を送る際に何かしらの保険に入っておこうと感じる人が多いです。

そして保険は一生涯の物からライフステージによって保障内容を変える必要が出てきます。
そのタイミングが保険見直すきっかけとなります。
最も見直すきっかけとしてあげられるのが、結婚や出産です。
特に男性の場合は結婚や出産によって、主な生計者となり家族を守っていく立場になる人が多いです。
生計者に万が一のことがあったとき、その後の生活に不自由がないような保障が欲しいと感じます。
そのため子供が小さいうちは、死亡保障を手厚くするなどの見直しが必要になります。

その他のきっかけとしては、身内や友達が病気やけがで入院をしたときなどもあげられます。
ガンや心疾患、糖尿病など生活習慣病がきっかけで発症する病気がとても増えています。
元気なうちにこのような医療保険に入るための見直しが大事です。
その他にも収入の変化による家計の見直しが必要になった場合も増えています。
収入に対して保険料が高くなってしまうと、継続して加入するのが難しくなります。
家計の無駄になっていないかという点で保険見直しが必要になります。

Copyright © 2014 保険見直しは毎月の支払いを元に考える All Rights Reserved.